訃報 ヒルデガルト・ベーレンスさん

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2009年8月20日】

朝日新聞毎日新聞産経新聞によると、ドイツソプラノ歌手・ヒルデガルト・ベーレンスさんが8月18日(UTC+9、以下同様)、来日中の東京都内の病院で動脈瘤破裂のため死去した。72歳だった[1][2][3]

ドイツ・オルデンブルク出身[2][3]。1977年にヘルベルト・フォン・カラヤン指揮によるリヒャルト・シュトラウスオペラサロメ」に起用されたことで世界的人気を得た[3]。カラヤンやカール・ベームといった名匠らに認められて、R・シュトラウスやリヒャルト・ワーグナー作曲のドイツ・オペラに多数出演[1]。20世紀後半では最高のワーグナー歌手と讃えられた[2]

群馬県草津町で開催中の草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティバルに参加するために数日前に来日していたが、8月17日に体調を崩し、滞在中の東京都の病院に入院していた[1][2][3]

情報源[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 asahi.com 『ソプラノ歌手のヒルデガルト・ベーレンスさん死去』朝日新聞社、2009年8月19日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 毎日jp 『訃報:H・ベーレンスさん72歳=ワーグナー歌手』毎日新聞社、2009年8月19日。
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 MSN産経ニュース 『独ソプラノ歌手、H・ベーレンスさん 来日中に死去』産業経済新聞社、2009年8月19日。