訃報 ノーマン・ボーローグ氏

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2009年9月15日】

ノーマン・ボーローグ氏(参考、PD-USGov)

アメリカ合衆国農学者ノーベル平和賞受賞者のノーマン・ボーローグ氏が9月12日夜(UTC-5)、による合併症のためテキサス州ダラスの自宅で死去したとAP通信などが伝えた。95歳だった[1][2]。同氏が名誉教授を務めるテキサスA&M大学のスポークスマンが同日明らかにした[2]

1914年3月、アイオワ州生まれ[1][2]。1960年代、インドメキシコなどの開発途上国における食糧難の解決策として、小麦など穀物の高収穫品種の開発に成功。「緑の革命」と呼ばれる穀物大増産の貢献者となった。この功績が認められ、1970年にノーベル平和賞を受賞した[1][2]

情報源[編集]

本ニュースは「日刊スポーツ」と「共同通信」の以下の報道を情報源としている。

  1. 1.0 1.1 1.2 nikkansports.com 『ノーベル平和賞受賞のボーローグ氏が死去』日刊スポーツ新聞社、2009年9月13日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 47NEWS 『ノーマン・ボーローグ氏死去 ノーベル平和賞受賞の米農学者』共同通信、2009年9月13日。