訃報 ニール・アームストロング氏 - アポロ11号船長 人類初の月面着陸

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
アームストロング氏(1969年・アポロ11号のミッション時、NASA
月面に降り立つアームストロング氏(アポロ11号のカメラが撮影、NASA)

【2012年8月27日】

1969年7月に人類史上初の月面着陸を達成したアポロ11号の船長を務めたニール・アームストロング氏が8月25日(UTC-4)、アメリカ合衆国オハイオ州[注釈 1]死去した。82歳だった[1][2][3]

アームストロング氏の家族が同日明らかにした。今月心臓のバイパス手術を受けた後、合併症を発症していたという[1][2][3]

オハイオ州生まれ[1][2][3]。幼少時より飛行機に憧れ、車の運転免許よりも飛行機の操縦免許を先に取得していたという[2]海軍在籍中には朝鮮戦争に従事。1955年に大学を卒業後、現在のアメリカ航空宇宙局(NASA)に入り、1962年宇宙飛行士になった[1]

アームストロング氏が船長となったアポロ11号は1969年7月20日に月面着陸を果たした[2]。人類で初めて[注釈 2]月面に降り立ったアームストロング氏は、「これは1人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍だ」と述べ[1][2][3]、この言葉はテレビ中継を介して[3]世界で注目を浴びた[1]

月面からの帰還後に宇宙飛行士を退役、シンシナティ大学で教鞭をとった。政界入りを勧められたこともあったが、固辞し続けたという[1]

オバマ大統領は同日に声明を発表し、「アメリカの英雄の中で最も偉大な人物のひとりだった」[2][3]「不可能を可能とするアメリカの魂を世界に知らしめた。彼の冒険魂は人々の心の中に生き続ける」と述べた[3]。またアームストロング氏の家族は世界の若者に向けて「自分自身よりも大義のため身を捧げてほしい」と呼びかけるとともに、「澄んだ夜に月があなた達に微笑むとき、アームストロングのことを思い出してウインクしてほしい」と話した[1]

注釈[編集]

  1. 場所は時事通信より
  2. ロイターより

情報源[編集]

本ニュースは産経新聞ロイターおよび時事通信の以下の報道を情報源としている。

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 1.7 MSN産経ニュース 『アームストロング氏死去 アポロ11号船長』産業経済新聞社、2012年8月26日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 『アームストロング船長死去、アポロ11号で人類初の月面着陸』ロイター、2012年8月26日。
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 3.6 時事ドットコム 『アームストロング氏、82歳で死去=初の月面着陸、アポロ11号船長-米』時事通信社、2012年8月26日。