訃報 ソロモン・バーク氏 - アメリカ合衆国のソウル歌手

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2010年10月12日】

ソロモン・バーク氏(2008年、CC-by-2.0

アメリカ合衆国ソウル歌手ソロモン・バーク氏が10月10日(UTC+2)、オランダアムステルダムにあるスキポール空港内で死去した。70歳だった[1][2]

バーク氏の公式サイトで親族が明らかにした[2]。バーク氏はオランダでの公演へ向かう途中で[2]、オランダの地元メディアによると、ロサンゼルスから到着した飛行機の機内で亡くなっていたという[1]。自然死と見られている[2]

1940年、アメリカ合衆国フィラデルフィアに生まれる[1][2]。幼少期より教会で歌うなどゴスペル音楽に親しみ[1][2]、1960年代よりR&B歌手として活動[2]。「エヴリバディ・ニーズ・サムバディ・トゥ・ラヴ」(1964年)などの楽曲で知られた[1]

2001年に「ロックの殿堂」入りを果たし、翌2002年に発表した『ドント・ギヴ・アップ・オン・ミー』でグラミー賞最優秀コンテンポラリー・ブルース・アルバム賞を受賞[1][2]。今年5月・6月には、東京名古屋大阪で初の日本公演を行っていた[1]

情報源[編集]

本ニュースは「共同通信」および「朝日新聞」の以下の報道を情報源としている。

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 47NEWS 『ソロモン・バーク氏死去 米国のソウル歌手』共同通信社、2010年10月10日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 2.7 asahi.com 『米歌手ソロモン・バーク氏死去=公演先のオランダの空港で』朝日新聞社、2010年10月11日。