訃報 ジェニファー・ジョーンズさん - 1940〜50年代の代表的ハリウッド女優

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2009年12月21日】

アメリカ合衆国女優ジェニファー・ジョーンズさんが12月17日(UTC-8)、ロサンゼルス郊外の自宅で死去した。90歳だった[1][2]

ジョーンズさんが名誉館長を務めていた美術館が公表した[1][2]。アメリカ合衆国のサイトや一部メディアなどによれば、死因は老衰とされる[2][3]

オクラホマ州出身[1][2]。舞台俳優であった両親の下で、幼少期より舞台に立っていた[1][2]。実質的映画デビュー作となる『聖処女』(1943年)で、アカデミー主演女優賞を受賞した[1][2]。その後、グレゴリー・ペック氏と共演した『白昼の決闘』(1946年)や、『終着駅』(1953年)『慕情』(1955年)など数多くの映画作品に出演、1940〜50年代を代表するハリウッド女優となった[1][2]。『タワーリング・インフェルノ』(1974年)への出演を最後に、映画界を引退していた[3]

情報源[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 47NEWS 『J・ジョーンズさん死去 米女優』共同通信社、2009年12月18日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 asahi.com 『米女優ジェニファー・ジョーンズさん死去』朝日新聞社、2009年12月19日。
  3. 3.0 3.1 毎日jp 『訃報:ジェニファー・ジョーンズさん 90歳=米国の女優』毎日新聞社、2009年12月18日。