訃報 グァルティエロ・ヤコペッティ氏 - イタリアの映画監督 『世界残酷物語』など

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2011年8月20日】

ANSA通信などの報道によると[注釈 1]イタリア映画監督グァルティエロ・ヤコペッティ氏が8月17日(UTC+2)、ローマ市にある自宅で死去した。91歳だった[1][2]

1919年、イタリア・バルガ出身[2]雑誌記者から映画監督へ転身し[1][2]1960年代前半から『世界残酷物語[注釈 2]世界女族物語』など、世界の奇妙な風習を取り上げたドキュメンタリー風の映画作品を発表[1]。露骨なやらせを多用して観客の興味をひく見世物的な映画・「モンド映画」のジャンルを確立した[1][2]

注釈[編集]

  1. 産経新聞より
  2. 産経新聞によると1962年発表

情報源[編集]

本ニュースは「朝日新聞」および「産経新聞」の以下の報道を情報源としている。

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 asahi.com 『伊映画監督のヤコペッティさん死去 世界残酷物語』朝日新聞社、2011年8月19日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 msn産経ニュース 『「世界残酷物語」G・ヤコペッティ氏死去』産経新聞社、2011年8月20日。