訃報 オトマール・スウィトナー氏 - NHK交響楽団名誉指揮者

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2010年1月12日】

1月11日(UTC+1、以下同様)付けのDPA通信によると、オーストリア出身の世界的な指揮者で、NHK交響楽団名誉指揮者オトマール・スウィトナー氏が1月8日、ベルリンで死去した。87歳だった[1][2]。11日、ベルリン国立歌劇場が発表した[2]

オーストリア・インスブルック出身。1960年、東ドイツドレスデン国立歌劇場(現:ドイツ・ザクセン州立歌劇場)の音楽監督に就任。1964年から1991年まで、およそ四半世紀にわたりベルリン国立歌劇場音楽監督を務めた[1][2]モーツァルトブラームスブルックナー[1]ワーグナーリヒャルト・シュトラウスらの作品の演奏で知られた[2]

1971年よりNHK交響楽団に客演し、1973年に名誉指揮者の称号を贈られた[2]。1980年代にはベルリン国立歌劇場管弦楽団らを率いてたびたび来日。1990年代以降は体調を崩し、演奏活動を休止していた[1]

情報源[編集]

本ニュースは「朝日新聞」と「読売新聞」の以下の報道を情報源としている。

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 asahi.com 『N響名誉指揮者、オトマール・スウィトナーさん死去』朝日新聞社、2010年1月12日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 YOMIURI ONLINE 『世界的指揮者のスウィトナー氏が死去』読売新聞、2010年1月12日。