西武ライオンズ、リーグ優勝ならクライマックス第1戦は大宮で

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2008年9月15日】 日刊スポーツによると、プロ野球埼玉西武ライオンズは8月25日、パリーグレギュラーシーズンを優勝した場合、リーグ戦上位3チームで争う「クライマックスシリーズ」2回戦(対1回戦勝ち抜けチーム)の第1試合を10月17日に大宮公園球場さいたま市)で行うことを発表した。これはライオンズ球団の後藤高志オーナーと埼玉県上田清司知事が会談したものである。

ライオンズは6月に大宮球場で54年ぶりに行われたパ・リーグの公式戦を主催し、2万人以上のファンを集めた。これを受けて上田知事が「より多くの(ライオンズのホーム)試合を大宮で開催してほしいという県民の思いがある。夢を形にしていただければありがたい」と西武球団に働きかけていた。

また東京新聞によると、後藤オーナーは「西武ドーム球場に比べると収容人員を含め球場としては設備が不充分なので、球団側でもできる事を検討するが、埼玉県が改善すべき事があれば改善してほしい」と要望をした。

埼玉新聞(9月9日付)によると、ライオンズが優勝した場合のクライマックス2回戦の試合は10月17日の第1戦・大宮開催が18時から、18日以後は西武ドーム球場で開催し、18日・第2戦は14時、19日・第3戦は13時開始。また後半21-23日(第4-6試合)は全て18時15分開始(20日は予備日で18時15分開始)とする。クライマックス2回戦は6戦4勝方式であるが、リーグ優勝チームは予め1勝分のアドバンテージがあるため3勝すれば日本シリーズ出場となる。また2位で勝ち上がった場合は1回戦からとなり、この場合は10月11-13日のいづれも13時から西武ドーム球場で行う。

出典[編集]

外部のリンク[編集]