被告人が証言中の女性を殴る 名古屋地裁

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2005年7月30日】 2005年7月28日午後2時5分ごろ、名古屋地裁で2005年2月に愛知県安城市イトーヨーカドー安城店で青山翔馬ちゃん(11ヶ月)をナイフで殺害したなどとして、殺人、傷害罪などの罪で公判中の被告人・氏家克直(うじいえ・かつなお)さんが、法廷で証言していた主婦を殴った。

公判開始からしばらくして、2月の事件で被告人にけられて怪我をした主婦が証言台に立った。そして検察官が「暴行したのはそこに座っている氏家被告に間違いありませんか」と尋ねると主婦は振り返って被告人を確認してから「この男に間違いありません」と証言した。その直後、被告人は被告人席から立上り、この主婦に後から迫り、手で主婦の背中や顔を殴った。被告人の左右に居た刑務官3人は被告人を制止できなかった。主婦は救急車で搬送され、法廷は1時間20分後に再開した。再開した法廷で裁判官に「なぜ、あんなことをしたのか」と尋ねられた被告人は「顔を見て、かっとなった」と答えた。

名古屋拘置所は「戒護(かいご)の間隙を突かれたもので、今後、戒護方法を検討し、再発防止に努めたい」とした。殴られた主婦は全治一週間、被告人は傷害罪で追起訴される見込み。

出典[編集]