藤原宮跡の「最古の大嘗宮跡」は誤認 - 奈良文化財研究所が調査結果を撤回

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2010年11月18日】

Wikipedia
ウィキペディア藤原宮に関する記事があります。
Wikipedia
ウィキペディア奈良文化財研究所に関する記事があります。
藤原京条坊

産経新聞によると、奈良文化財研究所は、藤原宮694710年奈良県橿原市)跡から2010年7月UTC+9)に、天皇が即位儀礼を行う大嘗宮である可能性のある建物跡などが発見されたとの発表内容が「全面的に誤り」であるとする異例の訂正発表を、11月18日に行った。

読売新聞によると、同研究所は、平城宮跡の発掘などを行っている日本国内有数の発掘調査組織で、同研究所が調査成果を撤回することは異例のこととなる。産経新聞によれば、入所2年目の若手研究員を中心とする3人が作業に当たったが、誤認した模様で、考古学の信頼性に対して疑問が投げ掛けられる事態に発展する可能性がある。

産経新聞が同研究所の話として伝えたところによると、研究員の1人は、「『現時点ではこう考える』という試案段階で発表してしまった」と話している。

産経新聞によると、7月の発表に於いては、建物跡や四方を囲う跡と門跡を確認したとし、「平城宮の大嘗宮跡と類似した構造である」と説明。建物や塀の構成要素である柱穴が42基存在するとしたが、実際には藤原宮があった時代のものである柱穴は1基のみだった。また、発表時点では、後世の水田耕作によって生じたの断面部分のの色の相違点などを手掛かりに「柱穴」であると特定したが、石敷きを外しての確認は実施しておらず、同研究所は「異なる土が複雑に混合し合っていたことなどの影響で確認しづらかった」と釈明。発表前に幹部らがチェックしたものの、確認できなかった。

産経新聞によると、藤原宮に於いては、文武天皇元明天皇が即位し、その際に大嘗祭を営んだことが『続日本紀』に記されているが、考古学的には未確認であり、調査の主眼は「最古の大嘗宮」そのものの発見に置かれていた。

読売新聞によると、同研究所は、平城宮跡では大嘗宮跡が発見されていることから、藤原宮跡にも存在するとの仮説を立てた上で調査に臨んだが、6月に降雨が続いて作業の進捗状況が芳しくないまま発表し、現地説明会も実施したという。

産経新聞によると、深沢芳樹・同研究所都城発掘調査部長は、「平城宮の大嘗宮跡は念頭にはあったものの、先入観で特定したわけではない。修正してお詫びしたい」とコメントしている。

情報源[編集]