荒船山に男性の遺体 「クレヨンしんちゃん」作者の臼井さんか?

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2009年9月19日】

毎日新聞によると、9月19日(UTC+9 以下同)午前10:15ごろ、群馬県長野県の県境にある荒船山の艫岩(ともいわ)の下に男性が倒れていると佐久消防署に通報があり、群馬県警の署員らがその男性の死亡を確認した。

遺体は、9月11日に家族に「荒船山に登山する」といって出かけてから行方不明になっていた漫画クレヨンしんちゃん」原作者の臼井儀人(うすい・よしと)さん(本名: 臼井義人=読み同じ 51歳)の可能性があると見て身元を調べている。

朝日新聞によると、発見された男性の遺体は艫岩の北側の崖の下、250-300mほどの岩場で見つかった。遺体は損傷が激しく、衣服が脱げていたほか、周辺に所持品らしいものも見当たらず、男性は登山中に滑落して死亡した可能性があると下仁田警察署は調べている。また現場は垂直の崖を降りないと近寄れないほど険しいところであり、群馬県警は9月19日に現場に向かったが遺体を収容できず、20日朝8時から改めて収容作業を行うとしている。

朝日、毎日が埼玉県警春日部警察署の調べとして紹介したところによると、臼井さんは9月11日朝、家族らに「荒船山に登山する」といって出かけ、同日の夕方に帰宅予定だったが帰宅しなかったため、翌12日の朝、臼井さんの家族らから捜索願が提出され、捜索が行われた。また朝日によると、臼井さんは携帯電話を所持しており、少なくとも9月14日まで携帯電話の電波が通っていたことが確認されていた。

情報源[編集]