荒川選手と小泉首相が『トゥーランドット』を鑑賞

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
荒川静香選手(資料)(GFDL/CC-by-sa)
小泉純一郎首相(資料)(Agência Brasilによる)
サントリーホール(資料)

【2006年4月4日】

朝日新聞によると、フィギュアスケートの荒川静香選手と小泉純一郎首相は3日、東京のサントリーホールでオペラを鑑賞した。

サントリーホールによると、この公演はジャコモ・プッチーニの作曲したオペラ『トゥーランドット』で、トゥーランドットをアンドレア・グルーバー、カラフをヴィンチェンツォ・ラ・スコーラが演じ、ニコラ・ルイゾッティが指揮をした。

読売新聞によれば『トゥーランドット』は、荒川選手がトリノオリンピックで金メダルを取ったときに、フリー演技でこの歌劇の曲の一部を使用した。一方、産経新聞によれば小泉首相はオペラ好きで、中日新聞によると荒川選手に「トゥーランドット、前から好きだった。」と話した。幕間には楽屋を訪れ、出演者に賞賛の声をかけた。

出典[編集]