自民党新総裁に谷垣氏

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2009年9月30日】

谷垣新総裁(2009年撮影)

東京新聞によると、自由民主党総裁選挙が9月28日(UTC+9 以下同)行われ、元財務大臣だった谷垣禎一(たにがき・さだかず)氏(64歳)が第24代自民党総裁に決定した。

今選挙は自民党の国会議員199票と、自民党の地方党員300票の合計499票で争われ、谷垣氏が300票丁度、河野太郎法務副大臣が144票、西村康稔(にしむら・やすとし)外務政務官が54票(他無効1票)という結果で、谷垣氏が総裁に選ばれた。谷垣新総裁は両院議員総会で「もう一度政権に復帰できるよう全身全霊を傾ける」と決意表明し、「党再生については、保守政党として大道を歩んでいくべきだ」と強調した。

サンケイスポーツによると、谷垣新総裁は新執行役員人事は「参議院静岡県神奈川県の両選挙区の補欠選挙が間近に迫っているので、そう時間をとるわけにはいかない。今晩考えて結論を出したい」として、9月29日に人事を決める考えを示し、また鳩山政権に対抗するために「シャドウキャビネット(影の内閣)」をつくり、その閣僚を国会論戦の主力とするとともに、政策を審議する「党政務調査会」も野党の役割に立った機構に見直すとしている。

情報源[編集]