自民党単独過半数で政権奪還 - 2012衆院選

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
最近の記事
自民党街宣車(11月 東大阪市布施駅前)
安倍晋三自民党総裁(9月 長野での遊説)
野田佳彦首相兼民主党代表(12月14日 大阪市梅田での遊説)
2012年衆議院選挙の投票会場(東大阪市)

【2012年12月17日】

毎日新聞によると、第46回衆議院総選挙が12月16日即日投開票され、自由民主党が定数480人の過半数である241議席以上を単独で上回り、連立を組むとされる公明党と合わせて、参議院での否決法案を再可決することが可能な3分の2議席以上に当たる320議席をも上回って、3年3ヶ月ぶりに民主党から政権を奪還することに成功した。

時事通信によると、石破茂幹事長は「みなさんの大変な期待をいただいた」と政権奪還に胸をなでおろしながらも、今後の政権運営について気を引き締めており、安倍晋三総裁は「基本的に自民に対して完全な信頼が戻ったということではない。有権者は自民党が期待にこたえていくかを厳しい目で見るだろう」と示している。同党は選挙戦の結果を踏まえ、「民主党政権に対する失望」によるものと分析し、自民が有権者の期待に応えられなければ再び民意は自民党から離れると警戒している。また自民党の選挙対策委員会の関係者によると、今回は民主党の逆風や「第三極」の乱立があり「自民党は漁夫の利を得ただけ。党への支持が戻ったと勘違いしてはいけない」と語っている。

その一方、毎日の別の記事によると、記録的な大敗を喫した民主党は、港区のホテルに特設された会場の立候補者の氏名ボードが掲げられたものの、当選者の横にバラの花をつけるセレモニーが自粛された。野田佳彦首相は「痛恨の極み」として、同党の代表を辞することを表明。その後の幹部のテレビ出演も見合させられた。

第三極は国政の実権を握れず[編集]

日経新聞によると、いわゆる第三極といわれる新党は自民・公明の両党に大差をつけられ、政局の主導権を握ることができなかったが、日本維新の会大阪府の小選挙区や比例代表では大勝し、比例区においては民主党を上回って第2党に躍進。みんなの党も議席が2倍増になったが、日本未来の党は1桁の議席数しか獲得ができず惨敗を喫し、来年の参院選をにらんで第三極の再結集の可能性を探る可能性も出てきた。

各党派別獲得議席数(出典・TBSテレビ)[編集]

  • 民主党 57(小選挙区27/比例代表30)
  • 自民党 294(237/57)
  • 未来の党 9(2/7)
  • 公明党 31(9/22)
  • 維新の会 54(14/40)
  • 共産党 8(0/8)
  • みんなの党 18(4/14)
  • 社民党 2(1/1)
  • 国民新党 1(1/0)
  • 無所属・諸派 6(5/1)

情報源[編集]