自己破産の和服販売業・愛染蔵社長自殺

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年3月21日】 3月20日の読売新聞によると、同日未明、京都府舞鶴市ホテルで男性が頭から出血して倒れているのを従業員が見つけた。この男性は病院に直ちに運ばれたが全身を強く打って死亡した。

舞鶴警察署は、死亡した男性は3月16日に自己破産を申請し事実上倒産した大阪市の和服販売店「愛染蔵」の社長・植田健仁氏(当時63歳)と確認した。また遺書と思われるメモが残されていることから、飛び降り自殺を図ったものと見られている。

デイリースポーツによると、植田氏は3月18日からこのホテルの8階に1人で泊まっており、通常はかかっている同フロアの非常階段の鍵も開けられていた。また朝日新聞は18日のチェックインの際、別の名前を使って利用していたと伝えている。

愛染蔵の関連記事[編集]

出典[編集]