自宅で大麻草を栽培した夫婦が逮捕 - 茨城県

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

訂正:この記事において、当初「乾燥大麻100g分に相当」と報じた内容は「乾燥大麻数100g分に相当」との誤りでした。お詫びして訂正いたします。- 2008年9月27日14時03分48秒 (UTC)


【2008年9月18日】

産経新聞によると、警視庁赤坂警察署は9月17日(日本時間 UTC+9)、自宅で大麻草を育てたとする大麻取締法違反(所持)の容疑で、茨城県土浦市の造園業の夫婦を逮捕した。逮捕されたのは造園業の佐久間慶太容疑者(39歳)と、その内縁の妻(43歳)。なお時事通信によると妻は妊娠していたためその後釈放された。

産経新聞によると、佐久間容疑者らは9月13日の午前9時10分ごろ(同上)、自宅の今で乾燥大麻が入ったポリ袋約1.1gを持っていた疑いがもたれている。調べによると佐久間容疑者は「自分たちで吸うために(大麻を)持っていた」と供述している。両新聞によると、自宅から乾燥大麻数100g分に相当する大麻草9株を見つけ、大麻は最大で高さ1.6mにまで成長。佐久間容疑者らは目立たないようにヒマワリ等を植えていたという。警察はこの夫婦が育てたのではないかとして調べている。

出典[編集]