聴覚障害を持つ生徒に体罰加える、中学の元臨時講師を逮捕

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2011年10月19日】

Wikipedia
ウィキペディア体罰に関する記事があります。
Wikipedia
ウィキペディア聴覚障害者に関する記事があります。

産経新聞読売新聞によると、滋賀県警大津北署10月19日UTC+9)に、大津市内の市立中学校特別支援学級難聴)に通っていた聴覚障害姉妹の頭を殴ったり、脚をボールペンで突いたりするなどの体罰を繰り返し、姉に怪我を負わせた(読売報道による)として、傷害暴行の容疑で、元同校臨時講師岩佐秀人容疑者(28歳、京都府舞鶴市在住)を逮捕した。

読売新聞によると、被害を受けた姉妹は、手話筆談による意思疎通は可能なのだが、同署の調べに対し岩佐容疑者は、「授業内容を自分のの動きで理解しないことに腹が立った」と供述している模様である。

産経新聞によると、岩佐容疑者の逮捕容疑は、2009年1月頃から2010年11月頃までの間に、同中学校の教室で、当時同校に通っていた姉(15歳)の頭を殴るなどの暴行を数回繰り返し、さらにボールペンの先端で脚などを突き、4日間の怪我を負わせたというもの。また、2010年6月頃から2011年5月頃までの間にも、同中学校の教室で妹(14歳)の頭を殴るなど、暴行を数回に亘り繰り返したとされる。

産経新聞が大津市教育委員会の話として伝えたところによると、岩佐容疑者は2008年4月から姉を担任するようになり、自立支援学習や社会科を担当。2010年頃に、姉妹からの相談を受けた保護者学校側に抗議し、これを受け学校側は担任を外したが、その後も同じような行為を繰り返していたため、2011年5月中旬に学校側が退職を勧告し、同年6月23日付で依願退職していた。

情報源[編集]