羽越本線が運転再開 山形の土砂崩れ

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年8月12日】 JR東日本は9日、7月13日に山形県内で発生した土砂崩れの影響で小岩川-あつみ温泉駅の間で運転を見合わせていた羽越本線の運転を、同日午後4時に再開した、と発表した。

荘内日報によると、応急工事は土砂を取り除き斜面を整えた後、モルタルを吹きつけ、防護柵を設置。電気設備をつけ、安全対策として特殊信号機を設置するなどした。9日は、試運転を行った後、酒田発新潟行きの特急「いなほ12号」と村上発酒田行き(826D)から運転を再開した。しかし、年内を見込んでいる完全復旧までは、現場付近を45km/h以下の速度での運転に規制するという。

関連項目[編集]

出典[編集]