線路変形で山手線が約6時間運休

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
山手線(資料)

【2006年4月25日】

日刊スポーツによると、東京都JR東日本山手線で4月24日午前10時35分頃、高田馬場駅から600mほど新大久保駅寄りの地点を普通該当)電車が走行中、異常な揺れと音のため緊急停車した。この影響で山手線や埼京線などの約300本の列車が運休し、山手線は午後4時10分まで、埼京線は午後6時まで、湘南新宿ラインは終日運休となった。 毎日新聞によると、原因は最大6.6cmほどのレールの浮き上がりで、線路の下で行われていた工事によるものと見られている。工事はJR東日本が開発した工法で行われており、今回の現場以外の27か所でも同じ工法で工事が行われていた。同社はこれを受け、この工法で工事が行われている28か所すべてで工事を中断すると発表した。読売新聞によると、今月21日にも同様の線路の浮き上がりが青梅線で発生し、一時運転を見合わせていたという。

出典[編集]