紀伊半島沖でタンカー衝突、死者も

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2005年7月16日】 7月15日午前4時頃、三重県の熊野灘の沖合いで、タンカー同士が衝突する事故があった。タンカー「日光丸」(499トン)がタンカー「旭洋丸」(697トン)に衝突、両船とも火災を起こした。第4管区海上保安本部が救助および捜査に当たっている。事故当時、付近海域は濃霧警報が出されており、視界は悪かった。

衝突された「旭洋丸」では、乗組員1人が死亡、もう1人が火傷を負うなど負傷、5人が行方不明となっている。死傷した2人は、炎上する海に飛び込み、付近を航行していたタンカー「さんこう丸」に救助された。三重大による司法解剖では原因は水死である。「日光丸」は乗組員により火災を消火したのち、機関を停止、乗員は海に飛び込み、近くを航行していた貨物船「慶洋丸」に救助された。

火災は同日夕方になっても収まらず、第4管区海上保安本部による救助作業は難航している。

また、海上保安本部では、衝突時「日光丸」(499トン)を操船していて、その後救助された一等航海士(鹿児島県)を、業務上過失往来妨害と業務上過失致死の疑いで逮捕した。航海士は容疑を認めている。

この事故とは別に、10日に山口県沖でタンカーと貨物船が、15日には和歌山県沖でタンカーと貨物船が衝突する事故があった。

関連記事[編集]

出典[編集]