箱根彫刻の森美術館が来館者3千万人を達成

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2010年5月4日】

神奈川県箱根町二ノ平にある箱根彫刻の森美術館の来館者数が5月3日(UTC+9)、3千万人に到達した[1][2]

3千万人目の来館者は、妻・長女とともに訪れた横浜市在住の男性公務員(42)[1][2]。これまでに4度来館していたといい[2]、「驚きました。とても嬉しい[2]」「気持ちのいい施設で、子供を安心して遊ばせられる」と話していた[1]

男性には同館の上野一彦館長から、同館の開館50周年まで有効の無料入館券と[1]富士屋ホテル宿泊券などが記念品として贈呈された[2]

同館では、「ゴールデンウィーク中は天候に恵まれ予想以上に盛況している[1]」「賑わうゴールデンウィーク中に盛大に祝えてよかった」とコメントしている[2]

同館は1969年8月開館の[2]日本初の本格的野外美術館で、近現代の彫刻家による[1]約120点の彫刻が野外に常設展示されている[1][2]。昨年には開館40周年を迎えている[1][2]

情報源[編集]

本ニュースは「産経新聞」および「神奈川新聞」の以下の報道を情報源としている。

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 1.7 MSN産経ニュース 『箱根・彫刻の森美術館、来館者3千万人達成』産業経済新聞社、2010年5月3日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 2.7 2.8 カナロコ ローカルニュース 『箱根彫刻の森美術館の来館者が3千万人突破』神奈川新聞社、2010年5月4日。