筑紫キャスター、肺がんを公表

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2007年5月15日】 日刊スポーツによると、ジャーナリストで、自らの冠番組筑紫哲也のニュース23」(TBSテレビ)のメインキャスターを務める筑紫氏(71歳)が5月14日、同番組で初期の肺がんであることを明らかにし、しばらくの間休養するという。

サンケイスポーツによると、筑紫氏は番組冒頭で「前週の検査で肺がんがわかった。十分克服できるとのことでしばらく治療に専念したい」として5月15日放送分から休養することを宣言していた。スポーツ報知によると5月4日から11日にも番組を休んでいたが、TBSテレビでは「通常の春休み」としており、その期間中に行った健康診断でそれがわかったという。当面は代役を立てず、サブキャスターの膳場貴子さんを中心として放送する。

スポーツ報知によると、筑紫氏は大分県出身。朝日新聞社記者としてワシントン特派員、「朝日ジャーナル」編集長を歴任し1989年に退社後同番組のメインキャスターに就任。また2006年から立命館大学客員教授に就任した。

出典