第92回夏の甲子園、49代表出揃う

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2010年8月1日】

大阪府大会の会場・住之江公園球場 GFDL
全国大会が行われる甲子園球場 GFDL

朝日新聞によると、第92回全国高校野球選手権大会の出場権をかけた地方大会で、最後まで残った大阪大会の決勝戦が8月1日(UTC+9)あり、履正社高校が13年ぶり2回目の出場を決めた。これで今大会の本戦(8月7日開幕・甲子園球場)に出場する49の代表校が全部出揃った。

時事通信によると、最多出場は西東京都代表早稲田実業で2006年以来28回目。次いで選手権連覇を目指す愛知県代表中京大中京高校の26回目、奈良県代表天理高校の25回目と続く。

また初出場を決めたのは6校。このうち茨城県代表水城(すいじょう)高校長野県代表松本工業富山県代表砺波(となみ)工業三重県代表いなべ総合高校香川県代表英明(えいめい)高校の5チームはを通じて初めて甲子園出場権を獲得した。また山形中央高校山形県代表)は夏は初出場だが、既に春の大会においては21世紀枠で出場している。

久しぶりの出場権獲得では神奈川県代表東海大相模高校が33年ぶり、次いで日川(ひかわ)高校山梨県代表)の30年ぶり、能代商業秋田県代表)の25年ぶりなど。また今年の春の選抜を制した興南高校沖縄県代表)は沖縄県代表として初の選手権優勝と史上6校目となる春・夏連続優勝がかかっている。

情報源[編集]