第80回日本ダービー キズナ優勝、武豊騎手前人未到の5勝目

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
キズナ(2012年)

【2013年5月27日】

日刊スポーツによると競馬第80回日本ダービーが5月26日に東京競馬場芝コース2400ⅿに18頭の3歳馬が出走して行われ、キズナが2分24秒3の走破タイムで1番人気に答えて優勝。2010年に生産され、日本競走馬登録されたサラブレッド7197頭の中の頂点に輝いた。

スポーツ報知によると、キズナは後方で待機して残り400ⅿのところで内から外へ。先頭を走る2頭がふらつく間に一気に先頭集団に躍り出て、最後はエピファネイアを差し切って半馬身の差をつけてゴールに入選。皐月賞を制したロゴタイプは5着だった。

日刊と報知によると、騎乗した武豊騎手は8年ぶりの日本ダービー5勝目を挙げ、日本ダービー騎手最多勝利記録を更新[1]するとともに、キズナの父馬で前回同騎手が制した2005年のディープインパクトとの「父子制覇」を同一騎手騎乗という史上初の記録も達成した[2]。スポーツニッポンによると、優勝インタビューで武騎手は「僕は帰ってきました」と高らかに述べ、「最高の気分。ダービーは何度勝ってもうれしい。キズナの力を出すことだけを考えて、最後は馬を信じて夢中だった。ディープインパクトの子供で勝てたことは格別。いろいろな人との絆があって、その絆を信じた結果で勝てて本当によかった」と話している。

報知とスポニチによると、同馬はこの秋は10月6日にフランスで予定されている「凱旋門賞」出走を目指すことが決まったといい、所有するノースヒルズ前田幸治代表は「ディープインパクトが引退する時に、ぜひ子供で出たいと思っていた。今度は彼(キズナ)を世界一にしたい」と話し、2006年に父・ディープインパクトが3位入選後失格した悔しさを跳ねのけて8年越しの凱旋門賞制覇を目指すことを口にしている。

情報源[編集]

  1. 報知より
  2. 日刊より