第6世代、新製品「iPod touch」 - 米Appleが発表

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2007年9月6日】

日本経済新聞などによると、米国時間9月5日、アメリカ・Apple社が自社のデジタルオーディオプレイヤーiPod」の新製品である「iPod touch」など3機種を、現地で開催されたスペシャルイベントで発表した。同じく日本時間の9月6日には、アップル社の日本法人が東京都渋谷区で開かれた記者会見で同製品を発表した。

iPod touchは、3.5インチの液晶画面を指で触って操作するタッチパネルを採用している。このタッチパネルは、Apple社が米国などで先行して発売し驚異的な売れ行きを見せている携帯電話機「iPhone」(日本では未発売)と同じもの。その他の機能もiPhoneと類似しており、iPhoneから通話機能を外したようなものである。802.11g/bの無線LAN機能、「OS X(Mac OS Xのサブセット」を搭載し、ブラウザ「Safari」も完備。Wi-Fi(ウァイファイ)という無線技術を利用してインターネットに接続し、ウェブサイトを閲覧したり、パソコンを介さずに「iTunes Wi-Fi MUsic Store」へ接続して楽曲を購入することもできる。音楽配信については、各国で運営しているサービスと楽曲や料金は変わらない。データの保存にはフラッシュメモリーを採用しており、8Gバイトで約1750曲、16Gバイトで約3500曲が収録可能。

発売予定価格
  • 8GB 299$(36,800円)
  • 16GB 399$(48,800円) - GB(ギガバイト)はデータ保存量、カッコ内は日本での発売予定価格


また、音楽の配信事業において、コーヒーチェーン大手の米「スターバックス」と業務提携すると表明。米国内の店舗でWi-Fiを使用できるようにし、店内で流れているBGMをその場で購入できるサービスを始めるなど、売り上げの4割を占める音楽関連事業の拡大を見込む。

アップル社は国内の携帯音楽プレイヤーの市場では、2位のソニーを大きく引き離しており、5割近い圧倒的なシェアを握っている。それでも、今回の革新的なユーザーインターフェースを備えたiPodの発売で、さらに主要事業の拡大を押し進める。

新型iPodは、世界各国で9月末にも出荷を始める予定。

出典[編集]