第48回ばんえい記念 - 1番人気のフジダイビクトリーが残り10mで差し切り勝利

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2016年4月2日】

Wikipedia
ウィキペディアばんえい記念に関する記事があります。
ばんえい記念のゴール10m前 CC-by-sa-4.0

2016年3月20日(日・祝)に帯広競馬場で「第48回ばんえい記念」(BG1)が行われ、単勝1番人気のフジダイビクトリーが勝利した[1]。フジダイビクトリーは昨年に続いて2度目の出場で「ばんえい記念」の初制覇を果たした[1]。フジダイビクトリーの通算成績は152戦27勝(うち重賞7勝)となる[1]。勝利騎手は松田道明騎手、管理調教師は金山明彦調教師、馬主は株式会社三上建設で、生産者は本寺政則氏[1]。なお金山調教師は調教師として「ばんえい記念」の初勝利を達成した[1]

フジダイビクトリーの道中はニュータカラコマやコウシュハウンカイ、トレジャーハンターに先行を許し、第2障害を越えたころにはフジダイビクトリーは4番手に続く苦しい展開であった[1]。しかし馬場水分1.7%の馬場をフジダイビクトリーがグイグイと追い上げを見せ、ゴールまで残り10mのところでフジダイビクトリーはニュータカラコマを差し切り、見事に負担重量1000kgの闘いを制した[1]。松田騎手はフジダイビクトリーは本来先行型であり差すようなタイプではないものの、フジダイビクトリーに対して年明けから「ばんえい記念」を意識した調教を課してきた成果が表れたと語った[1]。金山調教師はフジダイビクトリーに対してゴール前の勝負弱さを克服する調教を意識したと語り、念願であった「ばんえい記念」を制覇できた喜びを表した[1]

ばんえい記念の競走解析について、当記事の情報源「Web Furlong 2015」の斎藤修記者が解析を行ったところ、ニュータカラコマが第2障害からゴール板まで8回の停止があったところ、フジダイビクトリーは一息いれたのみでムチで叩くことなく1000kgを曳きぬきニュータカラコマを差し切ってみせたと解析している[2]

今回のばんえい記念は最後着のフクドリが障害でへたり込んでしまい完走も危うい状態に陥ったが、なんとか力を振り絞って8分33秒6のタイムで完走を達成した[2]。全人馬の完走を見届けた帯広競馬場のファンからは惜しみない拍手をもって出場人馬が労われた[2]

今回の「第48回ばんえい記念」による馬券売り上げは4291万5900円(昨年2015年は4150万800円)となった[1]。また3月20日全競走の馬券売り上げは1億3038万6800円(昨年2015年は1億1963万8600円)を売り上げ、いずれも昨年よりも売り上げ額の向上が見られた[1]

昨年12月の厩舎関係者による馬券購入が発覚した事件によって、今回のばんえい記念は「農林水産大臣賞」を返上した[3]。帯広競馬場へ観戦に訪れた帯広市民からは「厩舎を可能な限りオープンにして頑張ってほしい」と再生に期待を寄せる声が聞かれた[3]。4000人の観客を超えたことによりNPO法人「とかち馬文化を支える会」の旋丸巴専務理事からは「いまだなお、多くのファンがいることに感謝している」と感謝のことばが聞かれた[3]。松田騎手からは「騎手は世代を超えて今、まとまろうとしている」と結束を意識した言葉が聞かれ、金山調教師からは「お客さんに見放されていないと知り、ありがたい」と感謝の言葉が出た[3]。20日の帯広競馬場への入場者数は4,443人(昨年2015年は4,176人)となり、昨年よりも増加がみられた[1]

今回のばんえい記念の前夜となる3月19日には「熱狂祭」として金山調教師を交えたファン公開の座談会やゲストの斎藤修氏、古林英一氏、津田麻莉奈氏による予想披露が企画された[4]。ばんえい記念翌日の3月21日には引退セレモニーが企画され、今回のばんえい記念に出場したインフィニティーの引退セレモニーの場が設けられた[4]

インフィニティーを管理していた金田調教師は「最後は一番ファンに近い10枠で走ることができてよかった」と語った[5]。インフィニティーは引退後に種牡馬として過ごすという[4]


情報源[編集]

  1. 1.00 1.01 1.02 1.03 1.04 1.05 1.06 1.07 1.08 1.09 1.10 1.11 帯広市 『第48回ばんえい記念(BG1)の結果 ~ばんえい重量1トン!昨年の雪辱を晴らしたフジダイビクトリー号が初制覇!~ ~発売額・入場者数 ともに前年を上回る~』オッズパーク、2016年3月20日。
  2. 2.0 2.1 2.2 斎藤修 『【レースハイライト】第48回 ばんえい記念(2016年3月20日)』Web Furlong 2015、2016年3月22日。
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 『大入り観客 再生願う 「厩舎オープンに」意見も【帯広】』十勝毎日新聞、2016年3月21日。
  4. 4.0 4.1 4.2 帯広市 『2016年3月19日(土)~21日(月) 「ばんえい十勝」イベントについて~20日(日)最高峰1tレース「第48回ばんえい記念(BG1)」~』オッズパーク、2016年3月14日。
  5. 『名馬3頭ラストラン 引退式 ばんえい競馬【帯広】』十勝毎日新聞、2016年3月22日。

外部リンク[編集]

ウィキニュース関連記事[編集]