第41回京都非公開文化財特別拝観はじまる

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2005年10月29日】

10月29日(一部は28日)より、京都市で非公開文化財特別拝観が始まった。20日までに京都古文化保存協会が公表した。

この特別拝観は、毎年、春と秋行われ今回で41回目になる。普段は見ることのできない文化財を見ることができる。公開されるのは18ヶ所の寺院など。拝観に予約などは必要ない。11月7日までの毎日、午前9時から午後4時まで。ただし、一部に公開日程の異なる文化財がある。

今回、初めて京都で唯一残る公家住宅冷泉家(重要文化財)が公開されている。

拝観料は一部の例外を除き各所一律で大人800円、中高生400円。

公開箇所[編集]

  • 上賀茂神社(1日は午前11時から)
  • 黄梅院
  • 聚光院
  • 清浄華院(11月4日まで)
  • 冷泉家 (10月28日から10月31日まで)
  • 下鴨神社
  • 法然院(11月1日から)
  • 光雲院
  • 南禅院
  • 知恩院三門
  • 智積院(11月6日まで)
  • 泉涌寺本坊(11月6日まで、4日は休み)
  • 寶樹寺
  • 東福寺三門
  • 龍吟庵
  • 長講堂
  • 東寺五重塔
  • 仁和寺金堂、観音堂(1日は経蔵と観音堂)

出典[編集]