第2次安倍改造内閣発足へ - 閣僚名簿

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2014年9月3日】

Wikipedia
ウィキペディア第2次安倍改造内閣に関する記事があります。

各情報源によると、9月3日午後2時頃、菅義偉官房長官が第2次安倍改造内閣の閣僚名簿を発表した。また、産経新聞によると内閣総理大臣補佐官及び内閣官房副長官は全員が留任している。

役職 留任 氏名
内閣総理大臣 安倍晋三
副総理
財務大臣
デフレ脱却担当
内閣府特命担当大臣(金融担当)
麻生太郎
内閣官房長官
沖縄基地負担軽減担当
菅義偉
総務大臣 高市早苗
法務大臣 松島みどり
外務大臣 岸田文雄
文部科学大臣
教育再生担当
東京オリンピック・パラリンピック担当大臣
下村博文
厚生労働大臣 塩崎恭久
農林水産大臣 西川公也
経済産業大臣
産業競争力担当
原子力経済被害担当
内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償・廃炉等支援機構担当)
小渕優子
国土交通大臣
水循環政策担当
太田昭宏公明党
環境大臣
内閣府特命担当大臣(原子力防災担当)
望月義夫
防衛大臣
安全保障法制担当(新設)
江渡聡徳
復興大臣
福島原発事故再生総括担当
竹下亘
国家公安委員会委員長
拉致問題担当
海洋政策・領土問題担当
国土強靱化担当
内閣府特命担当大臣(防災担当)
山谷えり子
情報通信技術(IT)政策担当
再チャレンジ担当
クールジャパン政策担当
内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策担当)
内閣府特命担当大臣(科学技術政策担当)
内閣府特命担当大臣(宇宙政策担当)
山口俊一
女性活躍担当
行政改革担当
国家公務員制度担当
内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全担当)
内閣府特命担当大臣(規制改革担当)
内閣府特命担当大臣(少子化対策担当)
内閣府特命担当大臣(男女共同参画担当)
有村治子
経済財政担当
社会保障・税一体改革担当
内閣府特命担当大臣(経済財政政策担当)
甘利明
地方創生(新設)
内閣府特命担当大臣(国家戦略特別区域担当)
石破茂

注釈[編集]

  • 役職名については原則として、首相官邸ホームページの記載を採用した。内閣府特命担当大臣については、Wikipediaの項目名を採用。
  • 内閣総理大臣補佐官及び官房副長官については、いずれも全員が留任しており記載を省略した。

情報源[編集]