第16回中山グランドジャンプは「最優秀障害馬」のアポロマーベリックが勝利

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2014年4月19日】

Wikipedia
ウィキペディア中山グランドジャンプに関する記事があります。
優勝レイを装着したアポロマーベリック号(2014年4月19日)(CC-by-sa-3.0)
勝利後の五十嵐騎手(2014年4月19日)(CC-by-sa-3.0)

4月19日に中山競馬場の第11Rで「第16回中山グランドジャンプ」が行われ、5番のアポロマーベリック(牡5歳、五十嵐雄祐騎手、堀井雅広厩舎)が優勝した[1]。アポロマーベリックは昨年度の「最優秀障害馬」であり[2]、このレースでは1番人気に推されていた[3]。なお、今回の「中山グランドジャンプ」では、出走した10頭全てが無事完走を果たした[4]。五十嵐騎手および堀井調教師ともに、「中山グランドジャンプ」を今回初めて制覇[5]、五十嵐騎手はレース後「中山大障害でJ・GI3連勝を狙いたい」と、更なる活躍に期待を表した[5]

アポロマーベリックは昨年暮れの「中山大障害」を制しており、「中山グランドジャンプ」と「中山大障害」の両J・GIを制したのはブランディスマルカラスカルおよび、マジェスティバイオに続いて4頭目となる[6]

情報源[編集]

  1. 『過去GI成績 - 第16回 農林水産省賞典 中山グランドジャンプ』JRA、2014年4月19日。
  2. 『【中山GJ】昨年最優秀障害馬アポロマーベリック きっちり併入』Sponichi Annex(スポーツニッポン)、2014年4月17日。
  3. 『【中山グランドジャンプ】大本命アポロマーベリックが圧勝!』Sponichi Annex(スポーツニッポン)、2014年4月19日。
  4. 『アポロマーベリックが逃げ切り圧勝 J・GI連覇!/中山グランドジャンプ』netkeiba.com、2014年4月19日。
  5. 5.0 5.1 『【中山グランドJ】マーベリックGI完全V!(2/2ページ)』予想王TV(サンケイスポーツ)、2014年4月20日。
  6. 『【中山グランドJ】アポロマーベリック圧勝 史上4頭目のW制覇』Sponichi Annex(スポーツニッポン)、2014年4月20日。