第二次世界大戦のクロアチア人戦犯がサッカー会場で見つかる

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2008年6月21日】

Wikipedia
ウィキペディアミリヴォイ・アシュネル氏に関する記事があります。

The Sunによると、オーストリアに在住しているクロアチアの戦争犯罪人ミリヴォイ・アシュネル氏がサッカー会場で発見された[1]International Herald Tribuneによると、アシュネル氏はクロアチア政府から起訴されている[2]。インターポールによると、インターポールはアシュネル氏を指名手配している[3]。また、ナチ戦犯を追う組織「サイモン・ウィーゼンタール・センター」は、4番目に重要な逃亡中のナチ戦犯に指定している[4]

B92ロイターなどによると、クロアチア政府は、自国でアシュネル氏の裁判を行うためにオーストリアに対して身柄の引渡しを求めているが、オーストリアは、95歳になるアシュネル氏の健康上の理由からこれを拒否している[5][6]。しかしながら、アシュネル氏は、クラーゲンフルトで行われたサッカーのEURO2008のクロアチア代表の試合の応援に姿を見せていることを発見されたため、健康上の問題はに疑義がもたれている[5][6]。International Herald Tribuneによると、オーストリアの極右政治家でケルンテン州知事のイェルク・ハイダー氏は、「アシュネルはずっと我々とともに平穏に暮らしてきた。その晩年を我々とともに暮らす権利がある。」と発言した[2]。サイモン・ウィーゼンタール・センターは、オーストリアがナチ戦犯を庇護しているとして非難している[4]

B92によると、アシュネル氏は、第二次世界大戦においてナチスと協力関係にあったクロアチア独立国ファシスト組織であるウスタシャの警察のトップであった人物である。アシュネル氏は、セルビア人ユダヤ人ロマに対する追放を命じたことを認めている。アシュネル氏は「もしあなたがクロアチア人ではなく、クロアチアを憎んでいるならば、よろしい、あなたはクロアチアを去るべきでしょう。」と述べる一方、「彼らを強制収容所に送ったことはない。彼らは彼らの本来の母国に追放されただけだ。強制収容所に送るのならば、我々が彼らを世話し、食べさせなければならず、そのようなことは高コストで非効率だ。」とした。また、自身の潔白を確信し、クロアチアで裁判を受ける用意があるとしたが、同時に自身の健康状態には問題があるとも話した。[5]

出典[編集]