競泳・柴田亜衣選手現役引退 2004年アテネの金メダリスト

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2008年12月12日】 日刊スポーツによると、競泳柴田亜衣選手(26歳)が2008年度限りで競技から引退すると発表した。

柴田さんは2004年にあったアテネ五輪において、女子800m自由形に出場し、金メダル。その後は腰痛に苦しんだ。

産経新聞によると、会見で柴田さんは「アテネの金メダルがこんなにも重いものなんだなと感じた。自分の中では意識しなかったが、試合のたびに期待されてしまい、自分をコントロールするのが大変だった」と述べている。また引退を考えた時期に関しては「4月に北京の出場権を得てから泳ぎこみをしなければいけなった5月に腰痛を患い、その時から少しずつ考えるようになった」と話した。

また両新聞によると、今後についてはデサント社での社業を行う傍ら、「鹿屋体育大学大学院で1月までに論文を出し、3月に卒業する予定。水泳を広めるためにイベントや教室に参加したい」と話している。

出典[編集]