秋田新幹線に初の女性車掌

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
こまち(資料)(GFDL)

【2006年6月8日】

秋田魁新報、秋田放送によると6日、JR東日本秋田支社から秋田新幹線初の女性車掌が誕生した。

この車掌は、秋田市出身で秋田運輸区に所属している28歳の女性。指導する車掌とともに6日、「こまち22号」に車掌見習いとして乗務した。

女性は、秋田放送の取材に対し、「昨年の、いなほ号の脱線事故は、ショックを受けた。そのことを元に安全、安定輸送を心がけたい。また、秋田新幹線は県外のお客様の利用が多いので、秋田のイメージアップになれば。」と答えた。

しばらくの間は、乗務訓練を続け、早ければ7月中旬に独り立ちする。

出典[編集]