福島消費者・少子化担当大臣を鳩山首相が罷免 - 米軍基地辺野古移転に反対

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
福島みずほ社民党党首(GFDL)
平野博文官房長官兼消費者・少子化担当大臣(PD)

【2010年5月29日】

時事通信によると、日本政府は5月28日(UTC+9)、アメリカ軍普天間基地の機能を沖縄県名護市・辺野古(へのこ)に移設する問題に際し、閣議の署名を拒否した社民党党首・福島みずほ消費者・少子化担当大臣を、鳩山由紀夫総理大臣罷免(ひめん)した。鳩山首相は消費者・少子化担当大臣の後任を平野博文官房長官に兼任してもらうことを決めた。

時事によると、鳩山首相はこの日行われた臨時閣議の後の会見で「沖縄県民の理解を得られなかった。福島担当相を罷免せざるを得ない状態に至り申し訳ない。今後も(基地移転を)命懸けで取り組む」と謝罪し、今後も続投する方針を表明した。

読売新聞によると、福島氏は普天間基地移転問題に関する基本政策閣僚委員会で辺野古移設の明記を理由としてその対処方針に反対し閣議での署名を拒否する方針を固めた。その後鳩山首相と福島氏による会談で説得をしたが、福島氏の反対の姿勢は変わらず、臨時閣議を行って福島氏の罷免を行った。その後鳩山首相は福島氏に「連立の中で協力願いたい」と今後も連立を維持するよう求めたが、福島氏は「党首という立場での罷免なので、連立を維持するのは簡単ではない」として連立政権に留まることが難しい考えを伝えた。

また読売によると、福島氏はその後の社民党本部での会見で「辺野古から始まり、最終的に辺野古に戻ったことは激しく失望している」と話し、連立政権離脱の是非は5月30日に全国幹事長会議などを開催して判断するという。

情報源[編集]