福岡の小学生殺人、母親逮捕

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2008年9月22日】 日経新聞によると、9月18日(日本時間 UTC+9)、福岡市西区の小戸公園で、小学1年生の富石弘輝(とみいし・こうき)君(当時6つ)が殺された事件で、福岡県警は9月22日(同)弘輝君を殺害した殺人と死体遺棄の疑いで母親・薫容疑者(35歳)を逮捕した。産経新聞によると、薫容疑者は育児に悩んでいたという周囲からの証言があり、捜査本部では殺人を犯した動機を調べていく。

産経新聞と毎日新聞によると、薫容疑者は事件直後の事情聴取で「子供(弘輝君)と2人で公園で遊んでいたが、トイレに行った2-3分の間にいなくなった」と話していたが、不自然な表現が多かったことや、公園での弘輝君連れ去りなどの目撃情報がなかったほか、弘輝君の着衣から第三者の明確な指紋も見つからなかった事等から、改めて薫容疑者に捜査本部が調べたところ、絞首殺害をしたことを認めた。また関係者の証言によると、弘輝君は一つの事に集中できなかったり、突然走り出すなど予想できない行動を取ったりしており、通っていた福岡市立内浜小学校では「特別支援学級」にいた。また、薫容疑者も自ら体調不良があったことから育児に悩んでいたという。

関連ニュース[編集]

出典[編集]