神戸市バスで臨時バスを無断増発、超過勤務手当目的か

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2009年2月28日】

読売新聞朝日新聞神戸新聞などによると、神戸市交通局市バス石屋川営業所神戸市灘区)が、2008年10月から12月にかけ、計83本に亘り臨時バスを無断で運行していたことが、2月28日UTC+9)、判明した。

神戸市によると、神戸市バスは、営業所ごとに管轄路線が定められており、多客時の応援目的などで臨時バスを出す場合は、相手側の営業所からの応援要請が必要になるが、石屋川営業所は、要請が無いまま、魚崎営業所(神戸市東灘区)の管轄エリアで無断で臨時バスを1日1~3本程度運行していた。また、これによって、乗務員の超過勤務手当を申請し、計約27万円の超過勤務手当を受け取っていたという。

同交通局は、「超過勤務手当目的と受け取られかねない」とコメントしており、2月27日(UTC+9)付で、石屋川営業所の所長(53歳)ら4人を減給、同局自動車部長を訓戒懲戒処分にした。

出典[編集]