石川県で震度6強 - 2007年3月25日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)

【2007年3月25日】

震源地の表示 (USGS)

気象庁によると、25日午前9時42分 (UTC+9)、石川県能登半島を中心に、最大震度震度6強の大きな揺れを観測する地震が発生した。北國新聞特別夕刊によれば、石川県内で震度6以上を観測するのは、記録に残っている地震の中で初。

同庁は、震源地は能登半島沖の北緯37度12分東経136度42分で震源の深さは約11km、マグニチュードは6.9と推定している。一方、アメリカ地質調査所の推定では、震源北緯37度16分東経136度36分、深さ5km、マグニチュードは6.7。

26日、気象庁はこの地震を、「平成19年(2007年)能登半島地震」と命名した。英語名称は「The Noto Hanto Earthquake in 2007」。

各地の震度、および被害状況は次のとおり。

震度[編集]

北國新聞3月25日付特別夕刊によると、石川県内では

  • 震度6強: 七尾市田鶴浜町、輪島市鳳至町、輪島市門前町走出、穴水町大町
  • 震度6弱: 輪島市河井町、志賀町富来領家町、志賀町香能、志賀町末吉千古、中能登町末坂、中能登町能登部下、能登町宇出津、能登町松波
  • 震度5強: 七尾市本府中町、七尾市袖ヶ江町、珠洲市正院町
  • 震度5弱: 珠洲市大谷町、羽咋市柳田町、羽咋市旭町、宝達志水町子浦、中能登町井田、能登町柳田、かほく市浜北

ほか、金沢市など加賀地方全域、富山県西部、福井県嶺北地方などでも震度4が観測された。

津波[編集]

発生直後の午前9時43分、気象庁は石川県に津波注意報を発令したが、同日11時30分に解除した。観測された津波は、最高が珠洲市と金沢市の20cmであった。

被害状況[編集]

同日の北國新聞特別夕刊によると、

  • 輪島市鳳至町では、52歳の女性が自宅庭の石灯籠の下敷きになり死亡した。
  • 七尾市で火災、水道管破裂、天井落下などがあった。
  • 志賀原子力発電所は1号炉・2号炉とも停止中。外部への放射能などの影響はない。
  • 能登有料道路では道路の陥没等により穴水IC柳田IC間で通行止め。

翌26日付の中日新聞によると

人的被害(石川県)
死者1名・重傷者17名・軽傷者137名・死傷者計155名
住宅被害(石川県)
全壊52戸・半壊92戸・全壊半壊戸計144戸
人的被害(富山県)
軽傷者12名・死傷者計12名
人的被害(新潟県)
重傷者1名・軽傷者3名・死傷者計4名
3県合計
死者1名・重傷者18名・軽傷者152名・死傷者計171名

住宅被害は石川県のみで報告されている。


関連ニュース[編集]

Wikipedia
ウィキペディア能登半島地震に関する記事があります。

出典[編集]