短信:2018年/8月/5日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 8月5日の短信 >>翌日

  • (スポーツ)中国南京市で開催されている、バドミントン世界選手権大会第6日(現地8月4日)、各部門ごとの準決勝があり、女子ダブルスでは永原和可那(わかな)・松本麻佑組と、福島由紀・広田彩花(さやか)組がそろって決勝に進出し、これにより1977年に優勝した栂野尾(とがのお)悦子・植野恵美子組以来となる41年ぶりの日本勢の金メダルが確定した。なお福島・広田組に敗れた米元小春・田中志穂組も銅メダルが決定している。さらに男子シングルスの桃田賢斗選手と、男子ダブルスの園田啓悟・嘉村健士(かむら・たけし)組も決勝戦進出が決まったため、これにより銀メダル以上が確定。女子シングルス準決勝で敗れた山口茜選手も銅メダルとなっているため、前回の4個を上回る6個のメダルが確定した - 読売新聞
    • (上記関連)同大会最終日(同5日)、男子シングルスの桃田選手は、世界ランキング3位の中国の石宇奇選手を2-0のストレートで下し、日本選手史上初の金メダルを獲得することに成功した - 日刊スポーツ
  • (スポーツ)中央競馬・小倉競馬場の8月5日の1日の総入場数が40,196人(女性12,944人)を記録し、1997年の約37,000人を大きく上回る同競馬場歴代観客動員レコードを更新した。この日は俳優の竹内涼真氏がゲスト出演するとあり、会場は行列ができたほどだった - デイリースポーツ日刊スポーツ

2018年8月5日の記事