短信:2017年/3月/26日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 3月26日の短信 >>翌日

  • (スポーツ)選抜高校野球選手権大会7日目(甲子園)の第2試合・福岡大大濠滋賀学園、第3試合・福井工大付属福井健大高崎の2試合がいづれも延長15回引き分け・再試合となる珍事が起きた。前者は滋賀学園が1回に1点を先制したのち、8回に福岡大大濠が同店に追いつき、その後も両投手が得点を許さず、1-1の引き分け。後者は乱打戦となり7-7で引き分けとなった。1日2試合連続再試合は春・夏を通して初のことで、この再試合はいづれも28日に行う。当初は前者の再試合を27日の第4試合に行うとしたが、後者も再試合となったため、27日は当初予定されていた2回戦の残り3試合のみを開催し、28日は当初の準々決勝を順延して第1試合に前者、第2試合に後者のそれぞれ再試合を開催、準々決勝は29日に行い、休養日をなくして、30・31日の準決勝と決勝の日程は変更されない - 朝日新聞
  • (スポーツ)日本の大相撲春場所千秋楽(3月26日・エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館))、今場所横綱に昇進した稀勢の里が本割で西の大関・照ノ富士を下し、両者13勝2敗で迎えた優勝決定戦でも照ノ富士を下して、初場所に続く連覇を、史上4人目の新横綱優勝で決めた。稀勢の里は12連勝後の13日目に初黒星を喫すが、この時左肩をけがした。しかしその負傷をおして千秋楽まで出場し、14日目も鶴竜に敗れ連敗を喫したが、千秋楽で照ノ富士を連破しての奇跡の大逆転優勝を決めた - 朝日新聞
    • (上記関連)稀勢の里について、八角日本相撲協会理事長は「今後語り継がれる逆転優勝だ」と絶賛した。そのうえで「最後まであきらめないことが大切ということ。稀勢の里はたいしたもんだね。昨日・一昨日のことを考えたら、こんなことが起こるとは」と述べ、照ノ富士に対しても「右足が送れなかった。やりづらかったとは思うが、照ノ富士もよくやったと思う」とたたえた - 日刊スポーツ

2017年3月26日の記事