短信:2016年/6月/11日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 6月11日の短信 >>翌日

  • (スポーツ・ひと)日本囲碁の主要棋戦7タイトルを独占する「7冠」を史上初めて達成した、井山裕太氏に、日本政府は6月10日、「史上初の偉業を達成し、囲碁の普及・振興を通してわが国の文化の向上発展に貢献した」として、内閣総理大臣顕彰を贈呈すると発表した。個人に顕彰が贈呈されるのは32人目で、棋界では1996年に当時将棋の7冠を達成した羽生善治氏に贈られた例がある - 朝日新聞
  • (スポーツ・経済)Jリーグは2017年度から5年間のテレビ中継放映権を、イギリスのメディアコンテンツの売買を行う会社・パフォームグループを中心として、日本電信電話(NTT)グループスカパー!と共同で1年当たり100億円、5年で500億円(推定)の大型契約を結ぶ運びであることが先ごろ分かった。放映権の増額分は日本国外から有名選手・監督の獲得資金に充当するとしており、Jリーグの活性化につなげる狙いがある。現在の放映権は今年のシーズンで満了となり、Jリーグは2015年末から2017年度以後の放映権について契約先の交渉を進めてきたが、このほど、パフォームグループと大筋で合意した。今後原博実サブチェアマンを中心にプロジェクトチームを結成し、Jリーグの各クラブから国外の著名選手・監督を契約するにあたって、Jリーグの事務局や関連会社を通して契約金の一部を負担する特例を設けることも検討している - 日刊スポーツ