短信:2016年/5月/27日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 5月27日の短信 >>翌日

  • (政治)アメリカバラック・オバマ大統領が、5月27日、現役の大統領として戦後初めて、原爆空襲の被爆地・広島市を訪れ、安倍晋三首相らと平和記念資料館、原爆死没者慰霊碑など平和記念公園を歴訪した。オバマ氏は「広島への原爆空襲は、空から死が落下し、世界が変わった」としたうえで、「人類が自ら滅ぼす手段を手に入れたことを意味する」と述べた。そして「核兵器のない世界への決意を強調し、広島と長崎への原爆空襲が、核戦争の夜明けとして知られる未来ではなく、私たち自身の同義的な目覚めとなる未来を実現させる」ことを呼びかけた。現場には日本被団協代表委員の坪井直氏らも訪れ、オバマ氏と手を握った - イギリスBBC

2016年5月27日の記事

  • この日の投稿はありませんでした。