短信:2016年/3月/7日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 3月7日の短信 >>翌日

  • (社会)宮城県村田町で3月6日夜、木造住宅(2階建て)1棟が全焼する火災があり、この焼け跡から3人の遺体が見つかった。警察によると、この家に住む95歳の老女と、その息子とみられる72歳と65歳の男性の3人が行方不明となっており、死んだのはこの3人ではないかとみて身元の確認と火事の原因を調べている - NHK1同2
  • (スポーツ)世界卓球選手権大会・団体戦決勝(現地・3月6日、マレーシア)で、日本は男女とも中国にいづれも敗れ、優勝こそ逃したが、女子は2大会連続で、男子も39年ぶりの銀メダルを獲得し、来る8月のリオ五輪出場権獲得に弾みを付けた - NHK
  • (スポーツ)リオオリンピック女子サッカー・アジア最終予選(ヤンマー長居スタジアム他)で、3月7日なでしこジャパンオリンピック連続出場が3で途絶えた。この日中国韓国に1-0で勝利したため、この後日本が連勝したとしても勝ち点7で中国の勝ち点10を上回ることが不可能となり、2位以内に与えられるこの大会での五輪進出決定はならなかった - THE PAGE
    • (上記関連)今回の結果を受け、日本サッカー協会大仁邦彌会長は、佐々木則夫なでしこジャパン監督が退任することを示唆した。大仁氏は「新体制がスタートするので、そこでどういう風にするか」としたうえで、「新監督は女子委員会が検討してからである」と明言は避けた - サッカーキング
  • (政治)中国外務省洪磊報道官は現地3月7日、アメリカ韓国による合同軍事演習で、北朝鮮が「総攻勢」をかけることを表明したことについて、「中国は朝鮮半島で、厄介ごとを引き起こすような行動に断固反対する。門の前での戦いや、混乱が深まることは絶対受け入れない」と反発した - 産経新聞
  • (経済)ワイン投資ファンドを運営するヴァンネットが3月7日、東京地裁自己破産申請を申し立て、破産手続き開始決定を受けた。2000年設立。フランス産のワインなどを買い付けて保管すれば、将来の値上がりで利益が得られるという触れ込みで投資ファンドを設立し、2000人近くから77億4600万円の出資金を集めた。しかし2015年12月に、代表者がワインの買い付けや売却に関連した虚偽報告が発覚し、財務省から第2種金融取引業の取り消しと業務改善命令の処分を受けていた - 時事通信
  • (経済)カバン製造メーカーの山一が3月4日に事後処理を名古屋市の弁護士に一任し、自己破産申請を準備していたことが分かった。1884年創業・1949年設立。2014年に洋傘マルト長谷川を買収し経営統合した後、11月にマルト長谷川が存続会社とする合併により社名を山一に変更。主にキャリーバッグやトラベルバッグ、傘などを製造し、女優がプロデュースした賞品も開発した他、テレビドラマの小道具にも使われた。しかし、山一の旧法人が欠損計上が続き債務超過となっていたのが問題になり、現在の経営体制になってから財務状況の改善は進んだが、円安によるコスト負担の増加もかかり、収益では厳しい状況が続き、借入金が資金繰りに影響したため、今回の自己破産申請による経営再建に向かわせる結果につながった - 毎日新聞帝国データバンク
  • (文化・脇ニュース)昭和レトロの漂う、うどん・そばの自動販売機が40年以上現役で稼働し続けた、秋田市秋田港そばにある食糧商「佐原商店」が3月末で閉店することになり、自販機も撤去されることが決まった。この自販機は1971年に現在の場所に移設後、店頭に生めんのうどん・そば自販機を置いたところ、市民から親しまれてきた。このような自販機は1980年ごろにかけて量産されたものの製造が中止となり、故障するたびに中古品を導入、4代にわたって使われた。これはNHK総合テレビの記録映画番組「ドキュメント72時間」の題材にもなり、2015年度の視聴者投票でもトップに輝くなど話題になった - 産経新聞

2016年3月7日の記事

  • この日の投稿はありませんでした。