短信:2016年/3月/16日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 3月16日の短信 >>翌日

  • (文化・ひと)経営コンサルタントのショーン・マクアドール・川上(ショーン・K)氏の学歴詐称問題で、自らがコメンテーターを務めていたテレビ朝日の「報道ステーション」についても自ら出演辞退を申し出て、降板することが分かった - 産経新聞
    • (上記関連)今回の問題による川上氏の芸能活動自粛を受けて、フジテレビは自らが総合司会を担当する予定にしていた、報道ワイド番組の「ユアタイム・あなたの時間」(4月4日開始)への出演も降板したと発表した。フジテレビは「川上氏ご本人から、影響力の大きい番組への出演は当面自粛したいとの申し出がありました。協議した結果、ご本人の意思を尊重し、番組へのご出演をご辞退していただくことになりました」と説明。新年度のフジ系の目玉番組の中の目玉商品を失う形でスタートを切ることになる - 日刊スポーツ
  • (社会)明石海峡で、ナマコやサザエなどを密漁した疑いで、神戸海上保安部は3月15日までに、兵庫県の条例違反の容疑で、明石市の漁業を営む親子4人(父・長男・次男・三男)を逮捕したと発表した。父は容疑否認。他3名は容疑を認めている。彼らの容疑は2015年11月12日夜、淡路市沖約2㎞の明石海峡で、兵庫県が定めている操業時間外に無許可で潜水、ナマコやサザエなど、市場価格16万6000円相当の約147㎏を密漁したとされる。彼らはタイラギとミルクイの2種類の漁業許可を持っていないにもかかわらず、無断でナマコやサザエなどを繰り返し密漁し、総額は約2億円相当とされる - 神戸新聞
  • (文化)日本テレビ系水曜ドラマ「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜」が3月16日放送で最終回となるが、このドラマの主題歌「最後のサヨウナラ」を歌った覆面歌手「JY」の正体が、同ドラマにも出演している元KARAのメンバー・知英(ジヨン)さんであることが分かった。開始当初から「20代の国際派シンガー」というヒントもあり、ネット上でも話題になっていた。知英さんは2014年にKARAを脱退してから日本で女優業に専念してきたが、今回のCDデビューで歌手活動を本格的に再開し「女優の知英としても活動していきますが、アーティストのJYも精力的に活動します」と宣言した - スポーツ報知
  • (文化・ひと)TBS元アナウンサーの小林悠(はるか)さんが、3月16日発売の雑誌「週刊文春」の取材で「適応障害」だったことを告白した。小林さんは2014年8月に起きた広島豪雨での土砂災害で1人で移動している際、土砂に身体を取られ、首の下ぐらいまで埋もれてしまう被害を受けたことから適応障害となり退社を申し入れたという。また「病名は公表しても構わなかった」としたが、TBSがそれを公表せず、退社理由を別の週刊誌が掲載した交際関係の記事を一部のスポーツ紙がリークし、すり替えたと主張した - 日刊スポーツ
  • (ひと)クイズ集「頭の体操」(光文社)の原作者で、心理学者千葉大学名誉教授多湖輝(あきら)氏が、3月6日死去していたことが分かった。90歳。多湖氏は昨年末から体調を崩し、90歳になったばかりの2月27日から都内病院に入院していた。多湖氏の著「頭の体操」は1966年に第1集を出して以後、延べ25年間で23巻出版され、「固定概念からの脱却と発想の転換を促す」という出版物として265万部を売り上げた大ベストセラーとなった - 日刊スポーツ

2016年3月16日の記事

  • この日の投稿はありませんでした。