短信:2016年/1月/1日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 1月1日の短信 >>翌日

  • (気象)1月1日、和歌山県携帯電話利用者に「大津波を観測した」とする旨の避難指示のメール2通が誤って配信されたことを同県が発表した。同県によると1日午後2時過ぎ、「和歌山県沖で大津波の観測がありました。至急高台など避難先に避難してください」という内容のメールが配信され、さらに3時過ぎにも「津波がさらに大きくなっています」とする内容のメールが配信されたという。気象庁によると、この時間帯に地震や津波は観測されておらず、誤って配信されたことに気付いた同県は3時15分ごろに「地震は確認されていません」とする訂正メールを送ったという。この誤配信により、県庁などには苦情が相次いだ - 読売新聞
  • (スポーツ)天皇杯サッカー決勝が、1月1日、味の素スタジアムで行われ、2014年度に国内主要3冠を達成したガンバ大阪が、浦和レッズに2-1で制して、天皇杯連覇(5回目の優勝)を決定し、J1ナビスコ杯連続2位の雪辱を果たした。ガンバは前半32分にパトリックのパスから森脇が先制点を挙げ、その後いったんは追いつかれるが、後半8分、遠藤のコーナーキックをパトリックがゴールして勝ち越し。この後レッズの猛攻をしのいで逃げ切った - スポーツニッポン

2016年1月1日の記事

  • この日の投稿はありませんでした。