短信:2015年/5月/29日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 5月29日の短信 >>翌日

新岳の火口(2013年4月13日撮影)
  • (気象)鹿児島県口永良部(くちのえらぶ)島の新岳で、5月29日午前10時ごろ、噴煙の高さが9000m以上に達する爆発的な噴火が発生し、火砕流も発生した。気象庁は同島に噴火警報を発令、噴火警戒レベルを最高のレベル5・避難に引き上げ、同島の住民に対して避難が必要として、厳重な警戒を呼び掛けている。気象庁が噴火警報を発令したのは、2007年12月に噴火警戒レベルが導入されてからは初めてである。新岳は、1933-34年にかけても断続的な噴火が発生し、この時は8人が死亡、更に1966年にも高さ5mまで噴煙が上がったり、直径1mの大きな噴石が火口から北北東約3㎞まで飛ぶ被害があった。この後1980年以後は噴火は発生していなかったが、2014年に34年ぶりの噴火が発生している - NHK
    • (上記関連)今回の口永良部島の大噴火により、噴火警戒レベルがレベル5(避難)となったことを受けて、屋久島町は同午前10時15分に、口永良部島の全域の住民に対し、島外への避難指示をするよう発令した - NHK
    • (上記関連)この口永良部島の噴火による全島民避難で、屋久島町は島民全員(82世帯・137人)の生存が確認されたと発表した。また海保庁によると、70代の男性が火傷を負った - 毎日新聞
  • (文化・ひと)漫才師今いくよ・くるよのいくよさん(本名・里谷正子)が5月28日午後5時58分、大阪府内で亡くなった。67歳。いくよさんは2014年9月に胃癌が見つかり、それ以後も闘病生活を送りながらステージ活動をしていた - スポーツニッポン
  • (文化・ひと)三味線漫才暁照雄・光雄の照雄氏(本名・浜田登志夫)が5月29日午前4時32分、下咽頭癌のため死去したと、照雄氏の所属事務所がファクシミリで発表した。78歳。元は浪曲師としてデビュー後、宮川左近氏らとともに宮川左近ショーを結成、同ユニットの解散後、弟子である暁光夫氏と現在のコンビを結成した - オリコン

2015年5月29日の記事

  • この日の投稿はありませんでした。