短信:2015年/5月/14日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 5月14日の短信 >>翌日

  • (スポーツ)日本バスケットボール協会は5月13日、臨時評議・理事会で、川淵三郎タスクフォースチェアマンを新会長とする人事を決定した。川渕会長は、これまで国際バスケット連盟の資格停止を科された同協会の改革に乗り出すため、男子1部リーグの統合などを進めた中心人物である - スポーツニッポン
  • (スポーツ)日本政府が、スポーツ振興を目的とするスポーツ庁を、文科省の外局として設置することを中心とした改正文科省設置法が5月13日の参議院本会議で可決成立された。これにより10月にもスポーツ庁の設置を目指すことになり、競技向上や健康増進などのスポーツ機会の確保や、関連する行政関係機関の調整に当たるなどとしている - NHK
    • (上記関連)これに関して、初代スポーツ庁長官に、川淵三郎山下泰裕橋本聖子の各氏らの名前が候補として挙がっていることがスポーツニッポンの取材で分かった。スポーツ庁設置を目指す文科省設置法の改正案可決を受け、今後人選が本格化するだろうとみている - スポーツニッポン
  • (スポーツ)フィギュアスケーター浅田真央さんが、競技者としての現役復帰を念頭に置いて、練習を再開したことが分かったが、これに関して、佐藤信夫コーチが5月13日取材に応じ、「現役復帰という方向性で行きたいとは聞いている」と方向性を示したうえで、「1年間の(競技休養の)ブランクは大きい。そんなに甘くはない」と指摘した - スポーツニッポン
    • (上記関連)また同じ元フィギュアスケート選手で、現在はフジテレビ社員の中野友加里さんは、同局の情報番組「直撃LIVEグッディ」に出演し、「自分がまだやりたいと思っているうちは必ず競技者に戻った方がよい」としたうえで、「もし復帰するとしても、過度な期待はしないで、浅田さんがしたいスケート人生を終わってもらえたらと思います」とアドバイスを送った。また1年間競技者としての休養期間があったことにより、体力に課題があると指摘。「フリーは4分間、かなり長い時間の、そしてレベルの高い要素が求められる。24歳は決して若くなく、ベテランなので、けがをしないように練習していってほしい」と述べている - スポーツニッポン
  • (経済)アサヒビールは、原材料コストが高騰しているという理由で、ウィスキー輸入ワインなど約200商品を、9月1日に出荷する分から、2~最大44%値上げすると発表した。同社は原材料の大麦トウモロコシの調達や、電気料金の上昇を挙げている。なおブラックニッカなど約7割は価格を据え置くとしている - NHK
  • (気象)ネパール地震で、被災地では震源に近い地域を中心に、4月の本震の時に亀裂が入った建物が、現地5月12日の余震で相次いで倒壊するなどの事態が起こり、また道路のいたるところでは土砂災害が起こるなどして、避難生活の長期化が懸念されている。また同国政府は現在休校中の学校の再開を現地5月15日に予定していたのを当分延期することを決めるなど、被災者が普段の生活を取り戻すことが困難な中、国際社会の息の長い支援が求められている - NHK
  • (経済・社会)三洋電機は、同社から販売を委託している東京ガスなどの地域都市ガス会社6社と共同で、5月14日、1984年から2006年に同社が製造した暖房器具「ファンコンベクター」で発火する恐れがあるとして、利用する消費者に対して使用中止と委託販売元への連絡を求めるようにと発表した。これまでに2001年11月から今年3月に大阪府兵庫県で発火事故が3件あり、けが人はなく、原因も特定されていないが、機内にあるたまったほこりや湿気が影響したものと見られている。対象となるのは三洋電機が製造・販売した石油式暖房機11種類・12,368台と、同社が製造し、東京ガス、大阪ガス東邦ガス北海道ガス京葉ガス広島ガスの都市ガス会社6社に販売委託した瓦斯式暖房機28種類の84,043台 - 時事通信

2015年5月14日の記事

  • この日の投稿はありませんでした。