短信:2015年/12月/28日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 12月28日の短信 >>翌日

  • (政治)日本岸田文雄外相と、韓国尹炳世(ユン・ビョンセ)外相が現地12月28日、ソウルで会談し、従軍慰安婦の問題について、韓国の政府が設置する慰安婦支援のための財団に日本の政府が10億円程度を基金として拠出することなどで合意に達した。岸田氏は「慰安婦の問題は、当時の軍関与の下に、多数の助成の銘よと尊厳を傷つけた問題で、日本政府は責任を痛感している」と述べたうえで「安倍(晋三)首相は、慰安婦としてあまたの苦痛を経験され、心身にわたり、癒しがたい傷を負われたすべての方々らに対して、お詫びと反省の気持ちを表す」とした - 読売新聞
  • (文化・ひと)漫才師海原小浜(うなばら・こはま)さん(本名:田中桃江)が12月24日死去したことが分かった。92歳。小浜さんは、おばのお浜さんとともに「ハッピーお浜・小浜」としてデビュー。戦時中に「愛国-」と改名させられたのち、戦後は「さざ波-」と名乗った。その後西条凡児氏が「さざ波よりもスケールの大きい方がよい」として「海原-」と3回にわたり改名された。1978年にお浜さんが白内障を患いコンビを解消後は司会者として活躍。2005年に上方演芸の殿堂入り表彰を受けた - 毎日新聞

2015年12月28日の記事

  • この日の投稿はありませんでした。