短信:2014年/8月/11日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 8月11日の短信 >>翌日

阿部守一・長野県知事(2011年)
  • (政治)長野県知事選挙が8月10日に投開票され、現職の阿部守一(しゅいち)氏(53)が新人2名を破り再選された。投票率は前回の52.70%を下回る43.56% - 朝日新聞
  • (政治)3期(12年間)市長を務めた大橋建一氏が引退するのに伴い、新人6候補が争った和歌山市の市長選が8月10日投開票され、元和歌山県県土整備部長の尾花正啓氏が当選した。台風の直撃のため、投票率は過去最低の30.84%だった - 朝日新聞
  • (スポーツ)セ・パ交流戦について、2015年度から試合数を現在の24試合からさらに6試合減らし、18試合で削減することで合意した。パ・リーグ側は24試合を維持するよう求めていたが、セ・リーグは、2連戦を1くくりとするため、日程が間延びするという点や、日本代表の強化期間に余裕を持たせるとして試合数の削減を求めていた。これにより2015年度からこの大会は隔年で同じ組み合わせのホームとビジターを1年ごとに入れ替える形での3連戦とする日程になる。交流戦は2005年に36試合でスタートしたが、過密日程を避けるとする観点から2007年以後は24試合だった - 産経新聞
    • (上記関連)またこれに伴いリーグ戦の対戦数は25回総当たりの125試合とし、交流戦を含めた全体試合数は143試合となる。大会は5月からの開催を予定し、6連戦を3週間こなしたのち、予備日を設けるとしている。これによってポストシーズンを含めた全日程を10月までに終わらせる日程が組まれる形になる - サンケイスポーツ
  • (スポーツ)全国高校野球選手権大会が8月11日に当初から2日遅れて開幕し、開会式直後の開幕戦で、春の選抜選手権を制した龍谷大平安高校が、春日部共栄に1-5で敗れ、「春夏連覇」はならなかった - 朝日新聞
  • (学術・気象)チリ共和国で2010年2月にあったマグニチュード8.8の大地震で、チリ共和国から4700㎞も離れた南極で、小規模の氷震(ひょうしん)が複数発生したとする研究論文が、イギリスの科学雑誌「ネーチャー・ジオサイエンス」に発表された。研究班は地震発生から6時間の間に、西南極での複数の小規模な揺れが、遠方で発生する地震が西南極の氷床に影響を与えているとする「証拠」とすると説明している - AFP=時事

2014年8月11日の記事

  • この日の投稿はありませんでした。