短信:2014年/7月/30日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 7月30日の短信 >>翌日

  • (スポーツ)第85回都市対抗社会人野球選手権大会決勝戦が7月29日に東京ドームであり、いずれも初優勝を目指して20年ぶりの決勝進出を果たした西濃運輸大垣市)と45年ぶりに決勝にコマを進めた富士重工太田市)が対戦し、西濃が2-0で勝利し、33回目の都市対抗選手権出場で念願の初優勝を決めた。橋戸賞(最高殊勲選手)は決勝戦先発完封をして優勝に花を添えた佐伯尚治選手が獲得 - 朝日新聞
  • (文化)若手漫才師のコンクールとして親しまれ、2010年を最後に一旦廃止されていた「M-1グランプリ」が来年夏(予定)にも復活することを朝日放送の脇坂聡史社長が7月30日に行った会見で明らかにした。「(創設当初)のM-1は日本を代表する演芸イベントで、2010年の最終回には5000組の方々にエントリーしていただいた。エントリーを目指す皆さんには、1年間をかけて"新生 M-1"のために準備をしていただきたい」と述べている。ただこのコンクールを企画した島田紳助氏は「芸能界を引退しているので、出演はない」と述べている - デイリースポーツ
  • (社会)和歌山北警察署は7月30日、和歌山市の無職・井澤敏子容疑者(72)を、殺人未遂で逮捕した。井沢容疑者は、7月30日早朝4時半ごろ、孫で中学校3年生の男子生徒(15)の首を絞め、金槌で殴り、殺害しようとした疑い。生徒は頭から出血をしたが、軽いけがだった。井澤容疑者は「不登校になり、家族に暴言を吐いたりする、孫の将来を悲観した」と容疑を認めている - 産経新聞
  • (スポーツ)サッカーJ1リーグ清水エスパルスは、7月30日、成績不振(現在12位)を理由にゴトビ監督を解任させ、エスパルスの元選手で、日本代表経験がある大榎克己(おおえのき・かつみ)ユース監督を就任させると発表した - 日経新聞
  • (社会)広島県警は7月30日までに、警察にうその110番通報をして逃げるなどした、いわゆる「ポリ鬼」をしたとして、広島市廿日市(はつかいち)市の高校生(15-17歳)の17人を軽犯罪法違反の業務妨害容疑で広島家裁書類送検した。高校1年生12人は今年4-5月にかけて公衆電話から「民家の窓を子供たちが割っています」などとのうその内容の110番をしたほか、廿日市署の敷地に花火を打ち上げた疑い。また別の2年生の5人についても、5月にうその110番をした疑いがもたれている - 朝日新聞