短信:2014年/5月/8日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 5月8日の短信 >>翌日

フロセミドの入った瓶
再開発が進まないフェスティバルゲートの跡地(2004)
  • (社会)大阪市が土地信託事業で設置し経営破たん・閉園したフェスティバルゲートの跡地再開発問題で、事業主体者であるマルハンが、韓流テーマパークの計画を見直し、着工めどが立っていない問題で、マルハンはパチンコ店を中心とした商業施設の建設を同市に申し出ていたことが分かった。同市はパチンコ店など、風俗関係の営業を「5年以内は禁止」としていたが、交渉が決裂し、結果的にはパチンコ店を建設する提案を受け入れる方針であるが、住民からは「当初の約束とは違う」として反発の声も上がっている - 読売新聞
3Ⅾプリンター
  • (社会)3Dプリンターの技術を生かして作られた殺傷能力のある樹脂製の拳銃を不法所持したとして、神奈川県警は5月8日までに、この拳銃を所持していた20代の大学職員の男(川崎市)を銃刀法違反で逮捕した。同県警は銃を押収し、鑑定した結果、弾丸を発射できて殺傷能力があると認められた。捜査関係者によると、男は自宅に3Dプリンターを所持し、それを使って製造したとみられる拳銃2丁を不法に所持したとされている。5月になって、男の自宅から拳銃5丁を押収した。男は「自分で作ったことには間違いないが、違法とは思っていなかった」と供述している。なお3Dプリンターを利用した拳銃の不法所持での押収・検挙は国内初である - 読売新聞
  • (社会)昨年7月、老人ホームの入居者の女性のキャッシュカードを無断で使用し、現金自動預け払い機から現金5万円を抜き取ったとして、多摩中央署は5月7日までに、三鷹市に住むこの老人ホームの元園長で無職の狐塚(こづか)一朗容疑者(50)を逮捕した。この女性の口座から、2010年からの過去4年間で、合計114回・1793万円が無断で引き出されており、「金はパチンコ風俗に使った」と供述している - 読売新聞

2014年5月8日の記事

  • この日の投稿はありませんでした。