短信:2014年/12月/30日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 12月30日の短信 >>翌日

  • (社会)12月29日、札幌市厚別区スーパーダイエー新さっぽろ店で販売されていた鶏肉唐揚げと、すしから、縫い針各1本が混入していたことが判り、札幌厚別署が発表した。同店では今年の8月以後、同様に商品にが混入する事件が多発し、今回で16件・19本の針が見つかった。事件は12月29日午後1時ごろ、40代の夫婦が同店の地下1階食料品売り場で、唐揚げを食べようとしたところに、縫い針が刺さっているのを見つけて、店員に届け出た。またこの直後の2時ごろには、この届出を受けて点検をした店員がハタハタのすしに刺さっていた針を見つけたという - 読売新聞
  • (社会)エアアジア機が行方不明となっている事故で、インドネシアの当局は現地12月30日、ボルネオ島南西のジャワ島で、その機体の残骸が見つかったことを公表した。また、AP通信はこの付近で、乗客と見られる6人の遺体が確認され、そのうちの3体が回収されたことを伝えている - 産経新聞
  • (社会)釧路署は12月29日、釧路市内の飲食店経営者(38)を初めとする21-38歳の男女4人を、コンビニエンスストアの店員を脅し、土下座をさせたとする強要の疑いで逮捕した。彼らは12月28日午前5時過ぎ、同市内のセブンイレブン・武佐1丁目店で、セルフサービスのコーヒーを購入し、店員がホットコーヒーを出したが、「アイスコーヒーを頼んだだろう!!」と因縁をつけて、「若いやつを何十人もつれてくるわ!!」と脅し、25分間にわたって正座をさせて土下座させようとしたとしている - 毎日新聞
  • (社会)大韓航空趙顕娥(チョ・ヒョナ)前副社長(40)が、現地12月5日、アメリカニューヨークを出発しようとした飛行機内でのナッツの出し方に激怒し、責任者を下すように命じて、離陸を遅らせたとする事件で、韓国ソウル西部地検は現地12月30日、航空保安法違反で、趙前副社長と、客室担当常務(57)を逮捕した - 時事通信
  • (社会)12月29日午後11時15分ごろ、荒川区内のマンションの13階に住んでいた男児(5つ)が頭から出血して倒れているのを父親が見つけ病院に搬送した。男児は30日未明に死亡が確認されたが、この男児の母親(34)を同日、12月23日に都内ホテルで男児の首をひものようなもので、殺意をもって絞めようとした殺人未遂で逮捕した。母親は「本当に覚えていない」と容疑を否認。男児が倒れていた当時は室内にいたという - 時事通信
  • (文化)第56回日本レコード大賞の審査・発表会が12月30日に都内新国立劇場で行われ、三代目J Soul Brothers(ジェイ・ソウル・ブラザーズ)の「R.Y.U.S.E.I.(リュウセイ)」が今年度の大賞に選ばれた。同ユニットは2013年度大賞受賞者のEXILEの兄弟ユニットに当たる。最優秀新人賞は西内まりやさんが受賞 - スポーツニッポン
  • (文化・ひと)作家の綿矢りささんが、霞が関のキャリア官僚の男性(28)と結婚したことを12月30日、自らのホームページで発表した。綿矢さんは2004年に「蹴りたい背中」で、芥川賞を、当時史上最年少の19歳で獲得したことで話題になった - 毎日新聞

2014年12月30日の記事

  • この日の投稿はありませんでした。